2011年01月10日

憂鬱な朝 02巻まで

【憂鬱な朝】 02巻まで  /日高 ショーコ

両親を早くに亡くし、久世子爵家の当主となった暁人は10歳になったばかり。
病弱な母と住んでいた鎌倉から、久世子爵家本邸へ居を代える。父の遺言は「家令の桂木に従うように」
先祖から久世家に仕えてきた桂木智之は、優秀な年若い洋装の似合う男だった。暁人が成人するまでは久世家を守る桂木。その桂木に認められたくて努力を重ねる暁人だが。

幼い暁人がめちゃめちゃ可愛くて悶えた。話も面白い。
まだ桂木の本音と出生はわからない。大きなプロットがあってちらりとしか見せられていない感じ。
シリアスな話でも読者を落ち込ませないところが秀逸。
こんなに絵も話も好みな作家さんは貴重。嬉しすぎる。すっかりファン。
                         2009/10/02、12/24UP

《こんなふうにおススメ》
続き、正座しながら待っている状態です。

2巻/
暁人と桂木の取引。ふたりの関係に変化も。桂木の出自。

まとめて読みたい、細かいやり取りが面白すぎるから。
桂木の心理描写には期待したい。
なし崩しになってほしくないな−。数巻続きそう。楽しみ。
                       2010/9/01、2011/1/10UP



posted by zakuro at 21:41| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。