2009年10月25日

知らない顔

【知らない顔】 全01巻  /日高 ショーコ

卓球部のエース田辺真とバレー部の春山大道(ひろみち)は幼馴染み。幼い時は一緒に卓球をしていたのに、インターハイにも出場する田辺は格が違って、いつの日からか春山は卑屈になって田辺を避けるようになっていた。田辺も余所余所しい知らない顔をしているのもむかついて。
10年後、春山はサラリーマンになり、田辺はプロになる。

・「初恋のひと」
藤沢直は美的感覚が人よりずれているブサ男趣味。中学時代の初恋の人唐橋ハジメはど真ん中の好みだったが、今はイケメン美容師になっていて。

・「運命のひと」「運命の恋人」
杉田は我慢強い性質で、仕事にかまけて歯の痛みを放っておく。とうとう駅前の小木歯科に飛び込み、時間外に医師の星野に治療して貰うが。

お互いが気になるのに、余所余所しくしないとそばにいられないと思っているジレンマ。上手いよなー。
目に力がある絵も好き。
感情を表現するちょっとした仕草が描かれているのも感じ入るし、読んでいて楽しくなってくる。

歯医者の話は、自分も我慢の限界を自覚しないので、身に沁みた。
小木医院長のスピンオフがありそうな気がする。あ、でもこの人、ノーマルなんだ。
                         2009/10/03

《こんなふうにおススメ》
表題作と歯科医の話は続きが読みたい。



ラベル:日高ショーコ
posted by zakuro at 17:08| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。