2009年11月02日

身勝手なあなた

【身勝手なあなた】 全01巻  /まさお 三月

短編集。
・表題作。
高校時代の先輩でワガママな夏目は欲求不満だったり、男に振られると藤野辰雄に会いに来る。そんな夏目に辰雄はワガママ込みでずっと片想いしている。

・「知らなくていい」
10年前の高二の夏、親友の上野から告白された梨田は、それを今でも夢に見る。行きつけの店に新しく店長として来たのが、その上野だった。梨田はすぐに気づいたが、彼はすっかり忘れて想い出さない。

・「夕暮れにはまだ早い」
時江は部活のために屋上で寝ていた橋沢を起こす。橋沢の寝言は卒業した先輩の屋代の名で。時江は問いただすが、セフレだっただけで付き合っていなかったと言う。ずっと橋沢を好きだった時江のたがが外れる。

・「甘くない」
告白したのは岸田三昭から。でも今は吉村がめろめろで、外でいちゃつくなと叱られる。それが不満。

・「幸せな人たち」
文昭の父親浩太郎が“再婚”したのは男の直弘だった。

・「全部君のせい」
三善家に世話になっている書生の滝の部屋には、放蕩息子の昭太郎が入り浸る。勉学しか取り柄のない滝だったが、人なつっこい昭太郎に恋している自分に気づく。遊び人の昭太郎に腹が立ち、挑発して抱かれるが後悔する。

作者の初コミックス。盛り沢山。読み応えがある。
新人さんのレベルじゃない、上手い。新人さん、上手い人、多いですよね。腐友たちも話を聞くと新しい人ばかり読んでいる。開拓しがいがあるんだと思う。

この作家さんも、絵の構成もバランス良く、整理できていて読みやすく、導入も一気に引き込む。力を感じる。
絵に既視感あり。誰と似ているんだろう。

「知らなくていい」は、こんなに親友だったのに忘れちゃうもんかなーと疑問を抱えながら読み進んだが、だからこその伏線は予想していてもぞくっとした。
「幸せな人たち」は、文昭のツッコミが楽しい。後書き(中書きだったけど)の「お赤飯」に笑った。
ぶさ猫の欽二さん、最高。ラストの話は投稿作。上手い。きゅーんときた。
四コマの、夏みかんも楽しい。夏みかん食べたい。夏に読むのを推奨。

この一冊、かなり傑作です。
                         2009/10/31

《こんなふうにおススメ》
初コミックスなのに、読者に気負わせない。良い作品集です。



ラベル:まさお三月
posted by zakuro at 00:01| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。