2009年11月06日

恋病アーカイブ

【恋病アーカイブ】 全01巻  /池 玲文

短編集。
・表題作。
桶川京(きょう)は同じ学部のトップ合格の佐藤慎太郎を見に行く。想像よりぼうっとしたよく笑う男でそれからふたりは連むようになる。
慎太郎の誕生日に京は告白されるが、それが原因でぎくしゃくし始める。京にはトラウマがあったのだ。

・「放課後プロジェクト」
隣に住む幼馴染みの優祐にキスされながら告白された辰弥。加えて優祐は引っ越しまでするという。いつも一緒だったことに慣れていた辰弥は。

・「トリコロール戦線」
松井青司は双子の兄の紅太と仲良くしたいが怖がられている。子どもの頃はいつも紅太に助けられていて、いつか紅太を守れるようにと研鑽に励んだ末、周辺の不良まで締める泣く子も黙る男になっていたのだ。最近紅太に近づく白川環が気に入らない。

・「Radical Report」
松田友樹はカメラマン。編集が倒れて、時代のIT寵児河原圭吾の取材をひとりでやる羽目になる。

・「おせんちデンタル」
歯並びの良さを褒められて、山形諒にキスされた滝川望。山形は歯科医の息子だった。

・「隣のアイドル」
山野守の隣に住む小山タカヤは子役の時から人気のアイドル。タカヤは実は裏表があり唯一心許せる守にだけ本性を晒し弄ぶ。

作者の初コミックス。こいやみ、と読む。
話の運びはまだまだ安直。絵、上手いところはすごい。これも初コミックスだけあって、クオリティはばらばらなんだけど。これだけ描けたら気持ちいいだろうな。
BLは話が繋がっていることが多いので、できるだけ発行の古い順番から読むのだが、これが最初だったら放置してたかも。人気作から読むって大事だ。なんか癖になる作家さん。
                         2009/11/01

《こんなふうにおススメ》
銀閣博士とモルモット」が面白かったので作家読みを始めました。全作読みたい。
最初のは、偉そうですが、成長の度合いもわかって楽しいです。



ラベル:池玲文
posted by zakuro at 17:40| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。