2009年12月03日

あなたの隣に座らせて

【あなたの隣に座らせて】 全01巻  /蓮川 愛

・表題作。
憧れの椅子が売れてしまって、いきつけのバーで自棄酒しているところに鷹宮信仁(しんじん)に介抱された吉野亜澄(あずみ)。
信仁はその椅子を作った本人だった。彼の作った椅子に会いたくて自宅に通っているうちに。信仁の幼馴染みの笹原円にヤキモチをやく。
信仁は「恋愛操作」にも登場して、話もそちらとしっかりリンク。インテリアデザイナーの山代啓は信仁の友人。両方読まないとわからないところも。

・「ラブ・サイン」
沢口圭吾は早坂亨と目が合うことが多い。視線を感じるからだ。その早坂の隠れ家である空き教室を知って。

絵、きれいになった気がする。好みです。前はなんかケバい感じだったんだけどな。って調べたら、この後がなんか変わっているっていうか、コロコロ絵が変わる漫画家さんなんですね。この本の絵は好きです。
ストーリーも好きです。ホモばっかりなのも気になるけど。
挿入の短編、気になる相手に意地悪したくなる(意地悪してないじゃないかっていうツッコミはしたいが)男子校ものは良かった。
                         2008/1/14

感想補完のため再読。
ぐっと読みやすくなった。
やたら嫌なキャラで出てくる山代啓。「恋愛操作」読んでなかったら嫌いになってた。
                         2009/12/01

《こんなふうにおススメ》
この作家さんの作品では、これが一番好き。


ラベル:蓮川愛
posted by zakuro at 16:53| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。