2009年12月07日

初恋の70%は、

【初恋の70%は、】 全01巻  /山中 ヒコ

・表題作。
春日部孝太郎はそこそこなんでもできるしモテもする。欲しいモノも目標も特にない。
告白された時に近くにいた陸上部のマネージャー相手に妄想していたら、それが一度しか見たことのない陸上部の杉山貴之に変わって焦る。それから杉山が気になり。

・「少年について」
田中ゆうきは絡まれている時に助けてくれた佐々木に夢中になる。クラスメイトから、佐々木は面倒臭くない軽いヤツが好みと聞いて、それふうに装い告白する。

・「恋と恋の間」
加藤一真(かずま)は引っ越ししてバス通学になる。バスには、中学の時テニス部の先輩だった行田(こうだ)がいて、その行田には片想いの相手がいるのを知ることになる。
その相手に彼女がいるのを見て、つい声をかける。
「一緒にさぼりませんか?」ホテルに行くならさぼってもいいという行田につられ。

作者の初コミックス。
オリジナリティっていくらでもあるものなんだな。構成、プロットの絶妙さに驚く。そして大胆。それでいて自然。
絵は荒削りあり。でもまだまだ変わる。

表題作。攻め目線のういうい成功したのをなんか久々に読んだ気がする。
最後の話、見ているだけの応援のシーンが良かった。
これから楽しみ、期待。
                         2009/12/06

《こんなふうにおススメ》
新しい作家さん、読んでいますが、掘り出し物の予感。これから楽しみ。


ラベル:山中ヒコ
posted by zakuro at 00:00| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。