2009年12月22日

誰にも愛されない

【誰にも愛されない】 全01巻  /山田 ユギ

三亀出版の営業飯島征文は、編集が入院して急遽、チェコの人気映画「ボリーフカ」の原作本担当にされてしまう。まずはチェコ語の翻訳者を探すが締め切りが近い上、大御所からは逆ギレされて断られる。
伝手をあたって行き着いたのが偶然にも大学の同級生、日下克弘だった。
青文堂出版編集の長谷川哲史の話も。

内気で自己表現できない日下と、やたらわかりやすい熱血男飯島のふたりがなんとも良い。
じれじれするし、お互いの手探り感も楽しい。
ものすごく好きな作品。この作家さんの作品で上位に位置する。かなりのオススメ。
長谷川の話も絶妙。

作中物語は「チュブラーシカ」っぽいけど、ここに描かれている内容で読んでみたいと思えた。
クリスマスにぶーたれる男どもが可愛すぎる。
                         2009/12/19

《こんなふうにおススメ》
この作者さんの中でもかなりポイント高いオススメ度。


ラベル:山田ユギ
posted by zakuro at 00:06| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。