2009年12月25日

たかが恋だろ

【たかが恋だろ】 全01巻  /山田 ユギ(原作/英田サキ)

中学の卒業式で絶縁された親友の高津戸真(しん)に再会した倉田泉巳。真は、甥で誠のお気に入りの愛を保育園に送り迎えしていたのだ。
泉巳は義兄の椹木恭介(さわらぎ)の伝手で喫茶店モナムールの雇われ店長をしながら、亡妻千晶とのひとり息子誠を育てていた。義兄はヤクザだが泉巳たち親子には優しく面倒見が良かった。三人を巡る物語。

初めての原作描き下ろし。元々構成は上手い作家さんなので、原作者の味も滲み出ているんだと思う、いつものユギ節ではないけれどこれはこれで読み応えがあって面白かった。
原作は多くのファンを抱える人気作家さん。小説まで時間的に手が回らないのが悲しい。
テンション高く進んで、でも最後は甘々なのは、ここが小説的なんだなーと納得。
愛と誠編が生まれてほしいと切に望む。
ちなみにアニキ編は連載中らしい。
帯に爆笑できる。
                         2009/12/21

《こんなふうにおススメ》
いつもと違うユギ作品も良い!


posted by zakuro at 21:28| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。