2010年01月05日

パッションフルーツの香り付き

【パッションフルーツの香り付き】 全01巻  /緋色 れーいち

表題作。
鳴門組の組長の息子だが子ども好きの鳴門秋親(なるとあきちか)は、携帯電話を拾いパッションフルーツの香りをまとった太刀川かおると知り合う。彼は「アロマ」という名を持つクラブのNo,1ホストだった。
お礼と言われて店に飲みに行った秋親は、ヤクザからかおるを守る羽目になる。そのまま送り届けて、かおるが亡くなった彼の子どもで幼いみずきと暮らしていることを知る。

「face -フェイス-」
表題作で、みずきが通っている保育園の保父、若菜魅之(みゆき)が主役。かつての恋人宇佐美将吾が、姉の子すばるを連れて保育園に来る。将吾はヤクザを辞めて今はホストになっていた。

ほのぼの純愛。
そーいえば、BLで男たちに育てられている子って、男の子ばかりだね。こまっしゃくれた女の子が出てきても可愛くて面白そうなのに、そういうのは読者が許さないのかな?
それにしても子どもが出てくると和みますね。
続きは「カラフルフラワー」に。
                         2010/1/02

《こんなふうにおススメ》
なごなご楽しめます。「カラフルフラワー」と一緒に。


ラベル:緋色れーいち
posted by zakuro at 02:16| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。