2010年01月14日

ラブトレ

【ラブトレ】 全01巻  /かいや たつみ

斉木晃司は母の玉の輿再婚で社長令息になってしまう。そして東京から3時間半全寮制のお坊ちゃま校、桜条学園第二高校に転校する。そこには先妻の息子、双子の良と仁がいた。同じ歳の兄弟になった晃司。しかも来月の結婚式には、再婚に反対の兄弟を連れて行くミッションを与えられていて。
早速友だちになった葵に紹介されたのは仁。挨拶代わりにキスされて晃司はキレる。
仁の元彼の話も。

・「春なんです。」
幼馴染みの執行修一を追って桜条学園に入学した富永英太。入学式の日、校門で倒れる。保健室に見舞いに来た修一が伴っていたのは、斉木良だった。

・海老名小太郎に小学生の頃から宇宙人だと嘘を重ねられてきた小森和之。

・「恋愛準備室」
教師の上原を追いかけて、桜条の教師職についたかつての学年トップの岩本。

全部が表題作。
学園を巡るオムニバスの群像劇。
桜条とあったり、桜城になってたり。どっちなんですかね?

普通に楽しい。
ためがないんだな。だからストーリーだけどんどん進んでいって、展開は台詞で語られちゃう。ういういは爽やかで良いので、深くなくて良いんだけど、大人の話に違和感あるのはそういうことか。
                         2010/1/12

《こんな人におススメ》
学園モノがお好きな方に。


ラベル:かいやたつみ
posted by zakuro at 00:00| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。