2011年01月12日

花は咲くか 02巻まで

【花は咲くか】 02巻まで  /日高 ショーコ

広告代理店のチーフとして日々地獄のように働いている桜井和明。とはいえ過労は積もり仕事もルーティンになりかかっていた。
自宅の最寄り駅で帰宅途中に美大生とぶつかる。彼の持っていた飲み物でシャツと本は汚れてしまい、そのままその男、水川蓉一(みながわよういち)の家で同じ本と交換、シャツも洗ってもらったが横柄な態度で印象が悪かった。その家は古い日本家屋で庭が森のようになっていて、その情緒に桜井は惹かれる。
翌日駅で倒れた桜井を下宿人で高校生の菖太(しょうた)と、竹生(たけお)が家に連れて帰る。

帯の言葉じゃないけど、こんなに好きになるとは思わなかった作家さん。
この作品も読み応えあり。これからが楽しみ。

みんな花の名前だ。
伏線だらけ。桜井の歳と蓉一の父親が亡くなった歳が一緒だったり、その父蓉介の人生をトレースしている蓉一だったり。
従兄弟それぞれの行方も気になるし、藤本の絡み方も。早く次が読みたくてじれじれ。
いったいどんな花が咲くのだろう。
                         2010/1/15、1/16UP

《こんなふうにおススメ》
巻数を重ねる長編なので、この巻はBLらしくはまだなっていません。でも、面白い。
エロシーンがないと不評に感じる人もいるけど、面白いしオススメ。

2巻/
蓉一の大学の藤本が、蓉一の屋敷に強引に下宿してくる。藤本に宣戦布告され蓉一への気持ちを自覚した桜井は、管理人の吉富に誘われて屋敷とマンションの二重生活を送ることに。菖太も竹生も、蓉一の感情の変化が桜井と知り合ったことからと気づく。

この作品、ほんと好き。作者も語っているけどスローペース。それも良い感じ。また一年待つのか……。長すぎる。
                      2010/11/05、2011/1/12UP



ラベル:日高ショーコ
posted by zakuro at 00:31| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。