2010年01月20日

セブンデイズ(完) 全02巻

【セブンデイズ】 全02巻  /宝井 理人(原作/橘紅緒)

01 MONDAY→THURSDAY
02 FRIDAY→SUNDAY

邦華学園に弓道の特待として入った篠弓弦(ゆづる)は、高三で部は引退。学園は三年前まで女子校の元お嬢様学校。今でも圧倒的に女子が多く、上品な顔立ちに惹かれて弓弦に告白する夢見がちな女子は後を絶たなかったが、中味はイマドキ普通の男子なので現実を知ると「イメージが違う」とすぐに振られてしまう。女の子たちは完璧な王子様を求めていた。
弓道部の一年生、芹生冬至(せりょうとうじ)はそんな学校で異色の存在だった。入学当初から学年問わず女生徒に圧倒的な人気で、月曜日に一番最初に告白してきた相手と付き合い、一週間で別れを告げる。しかしその一週間は相手の望むまま、誠実に付き合ってくれるのだ。
弓弦はほんの気まぐれに、芹生に言う。「俺とつきあってよ」
芹生には、過去のキズがあって。今度こそ、好きになれるだろうか?
ふたりの一週間の心の変化を追う。

一時話題になった作品。読もうと思いつつ長いこと積んでいた。
これ1巻だけ読んで放置だったら辛かったかも。

舞台は横浜。懐かしい光景もあって楽しかった。
テーマは「ありのままの自分を理解してもらう」
二人の立ち位置の違いで、同じシチュエーションがまったく違う様相になっているのを丁寧に描いていて面白い。

コンテの構成、すごく考えている、好き。シーンが際だつ。繊細さが引き立ってくる。
絵もキレイ。余韻に繋がる。

芹生が弓弦に惹かれていき、紫乃を絶とうとするあたりは唐突に感じて少し残念と思っていたが、この後の2巻めの回収で払拭。上手い。
それでもちょっと溜めてほしいとこが走るのはあるけど、面白かった。
ういうい。

制服は男女ともに可愛い。
芹生の家、すごい豪邸。びっくり。
続き、読んでみたいなー。
                         2010/1/19

《こんなふうにおススメ》
エロいシーンはないです。お話をじっくり読みたい人に。
面白いです、オススメ。


ラベル:宝井理人 橘紅緒
posted by zakuro at 03:18| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。