2010年01月25日

ペット・お仕事中

【ペット・お仕事中】 全01巻  /大和 名瀬

戸村瑞樹は高校卒業したての18歳。親から独立しひとり暮らしを始めたが職を失い住む家もなくなる。食べさせてもらった兄の孝一には実家に帰るよう諭されるが、瑞樹には戻りたくない事情があった。そこで兄の部屋にしばらく身を寄せたいと説得し……。
OKしてもらったが、大企業に勤める兄はなんと部外者立ち入り禁止の独身寮に住んでいて。事情を知らなかった瑞樹は断ろうとしたが、兄の同僚たちにペット扱いで面白がられ引き留められる。兄の部屋は3LDKの3人部屋で、ぶっきらぼうな工藤徹がルームメイトだった。内緒で飼われるペットとして瑞樹の“猫”暮らしが始まる。

寮のみなさんイケメンばかり、それがあまり生かされていないのが残念。
でもこの作家さんお得意のラブコメ全開で楽しい。寸止め具合も絶妙。これが名瀬作品の中では一番好きかも。

「甘えないペットはあんまり可愛くない」うわぁぁ、真理だ。ツンとしているのもいいけどね。ペットには気を遣われたくないな−。
「ペット・発情中」にも笑った。
コロコロって癒されるよねー。
引っ越しのダンボールが凝ってて最高。
兄貴いいヤツ。兄貴の話読みたい。
                         2010/1/20

《こんなふうにおススメ》
ラブリーラブコメとしてかなり楽しい、オススメ。


ラベル:大和名瀬
posted by zakuro at 01:34| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。