2010年01月26日

くちびるの行方

【くちびるの行方】 全01巻  /大和 名瀬

中学の野球部から大学まで同じの久我山宗司と一緒にいたいが為に、笠原裕輔は就職も宗司の関係の会社に入社する。しかし宗司は裕輔に内緒で22歳で結婚を決めてしまう。裕輔がショックを受けたのは自分の本心が宗司に向いていたことに気づいたことだった。
それから2年、まったく疎遠になっていたところ、後輩の沖津昌人(まさひと)が入社してくる。シリアスな三角関係を描く。

帯がすごい。「大和名瀬、新境地」。確かに今までシリアスでちゃんと描かれたのなかったかも。そっちにいくと破綻してたというか。
この作品、読み応えあって良かった。三人にそれぞれ感情移入出来たのが成功。
なかなかの力作。オススメ。
                         2010/1/24

《こんなふうにおススメ》
新しい(?)大和名瀬を体験したい時に。


ラベル:大和名瀬
posted by zakuro at 18:14| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。