2010年02月24日

ゴチソウサマ

【ゴチソウサマ】 全01巻  /CJ Michalski

短編集。

・表題。「オカワリ」「イタダキマス」
俳優のようにかっこいい一条優(すぐる)の息子守に、手作り弁当を食べられ、そのまま住み込み家政夫に懇願された家事が得意な弘人。男やもめの優は国際線のパイロットでモテ男だった。
お互いに好きになっちゃいけない相手と思いつつ、飛行機の機体トラブルで優は自分の気持ちを自覚して。描き下ろしも。

・「そんな君が好き」「こんな僕でも好き?」
小6から女をかかしたことのない塚原洋平はカリスマ高校生17歳。廊下でぶつかったオタクの太田拓美に一目惚れするが、二次元しか興味ないと瞬殺で振られる。

・「もし身代わりの恋でも」
理久(りく)は双子の姉の美久が駆け落ちする決心を固めたのを知り、それを逃すために、その相手の黒岩信二の兄一也に、信二の相手は自分だと信じ込ませて監禁される。

この作家さんらしい少し変態チックな匂いがなんとも嬉しい。
たいていは登場人物のどちらかが思い込み激しくて相手の話を聞かないでますますややこしくしていくパターン。慣れるとおかしい。
このままフリーダムに野放し放牧されていてほしい。
                         2010/2/18

《こんなふうにおススメ》
笑いながら楽しい一冊。


ラベル:CJ Michalski
posted by zakuro at 03:41| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。