2010年03月05日

肌まで愛して

【肌まで愛して】 全01巻  /やまかみ 梨由(原作/剛しいら)

小南嗣巳(こみなみつぐみ)はバーで好みの男と出会ってしまう。強引だけど洗練されていて、そのままホテルで関係を持つ。
嗣巳は病気の父のあとを継いで安売りスーツメーカー「ミナミ」の会社社長になり、やりたいことと会社の狭間で悩んでいた。翌日、ヘッドハンティングされてきた企画部長が関係を持ったその男、黛森(まゆずみしん)だったのに驚いて。そして早々に意見が対立していく。

大人の話。
原作があるって、物語が引き締まりますね。文章の力、侮れず。面白かった。
スーツだから、このタイトルなのね。
                         2008/4/05

感想UPのために再読。
読みやすいし、見せ方もさすが。原作が練られているので話も面白い。
スーツ萌えの原作者の愛が詰まっている。
                         2010/3/01

《こんなふうにおススメ》
かなり楽しめる。オススメ。


posted by zakuro at 17:40| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。