2010年03月06日

愛されたいの

【愛されたいの】 全01巻  /やまかみ 梨由

薬品のセールスの仕事に追われる伊崎耀(いざきよう)。8年ぶりの同窓会で再会した袴田鳴海(なるみ)は今やベストセラー作家。
彼はスポーツも勉強もなんでもできた天才で、高校時代はコンプレックスを抱いていたのだ。たったひとつ得意だったテニスでさえ、全国大会優勝と良いところをかっさわれて、ずっと嫌いだった。
同窓会の後、酔って気絶。気づいたら裸で隣には鳴海が寝ていた。
スペシャルな番外編は、肝心な夜のこと。

最初は耀のことをひねているのかと思ったけど、「苦手な部分を補って、現状を愚痴るのではなく前に進む」姿勢はカッコいいと思えた。
いいな、この作家さんは気楽に読めて楽しい。
                         2008/4/05

《こんなふうにおススメ》
ツッコミどころのスルーできるこの気楽さは貴重。


ラベル:やまかみ梨由
posted by zakuro at 17:44| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。