2010年03月16日

男子迷路

【男子迷路】 全01巻  /阿仁谷 ユイジ

登場人物がリレーするオムニバス。

・「線の上でトモダチ」
児玉はやっとの想いで告ったようこに付き合って1ヶ月で振られてしまう。その児玉を追い続ける星野心。

・「LOVEのトートロジー」
数学科のようこと児玉と心は卒論チーム。児玉の部屋に泊まった時、ようこはふたりの情事を聴いてしまう。ようこは愛を証明したい。

・「悪い男」
ようこの兄、大貫まさみはシスコンで鬼畜な男。落とした相手に「ひどい男」と罵られるのがステイタス。まさみは売れっ子スタイリストの菱川を虐めたくて。

・「夢か現か狂戦士」
まさみの相手だった通称Bこと伴内要一。大学の教務課勤め。一卵性の肯一は塾講師。現実と夢を行き来する要一。そこに肯一がトラブった相手、大山のぶやが現れる。

・「ラブリーモンキーベイベー」
肯一の元彼、猿谷。孫悟空は掌で踊っている自分がイヤと別れを告げてくる。新しい相手がのぶや。

・「恋フォルダ、上書き保存」
のぶやが主役。初恋は心。そして要一に夜遊び特訓され中。

男子ふたりに女子の三人で、結局女子があぶれるってよくある話。江國香織の「きらきらひかる」もそうだった。

トートロジーとは恒真命題のことで、常に真になる命題。元の命題の真偽に関わらず、だ。それに対してようこが語る「LOVEが恒偽命題(矛盾命題)」が可笑しかった。
ほんとそうかも、と頷いてしまう自分がいる。

まさみと楚川の話はかなり好き。めちゃ可愛い。好きだからこそ虐めたいけど行きすぎると自己嫌悪……って子どものままじゃん。

いやはや、やられた、ほんとに好きな作家さん。
毎回いろんなことに挑戦してて読者を楽しませてくれる。ありがたい。今回は構図が楽しかった。
そしてどんどんテンション上がって加速していくのもすごいよ。
笑ったなー。

自分に魔法をかけるってメリハリ出そう。変身願望わかる気がする。
人物相関図はラストに。

最後にひとこと。最高。
                         2010/3/15

《こんなふうにおススメ》
満足度、高いです。かなりのオススメ。


ラベル:阿仁谷ユイジ
posted by zakuro at 16:23| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。