2010年03月27日

薔薇の瞳は爆弾

【薔薇の瞳は爆弾】 全01巻  /ヤマシタ トモコ

短編集。
・「the torquoise morning」
写真家のジェド・ノックスは、中東の民間戦士のリーダーであるサバーフ・ハッダードに一目で恋をする。そして彼の魂を願ってしまう。

・「さようならのお時間です。」
「親とか死ねばいいのに」と言っているイマドキの17歳宇宿淳(うすきじゅん)。中学の時の塾の講師をレイプして以来つきまとっているが、引っ越しすると絶縁をつきつけられる。

・「ラブる。」
何度ファブっても彼の匂いが消えない。

・「浮気者!!」
ユキオは恋人の治人が「別腹」と女の子と浮気するのが許せない。

・表題作。
見津田洋平は王子様の蓮水景に会うが、ドMな見津田には興味がない。一方、蓮水は顔でみない見津田に一目惚れ。「薔薇の瞳は盲目」も。

・「嗚呼ボーイフレンド」
妄想癖のある男の本心と純情。

・「絶望の庭」
小説家の伊砂(いすか)。高校時代からの友人河西の恋心をしまったまま、別の恋人と暮らしている。胸に降り積もる孤独。そして柔らかく降る言葉の雨。

とくに短いものを集めた一冊。切なくて考えさせられる珠玉の作品集。
The レンアイって感じだよ、なんでこんな台詞が書けるんだろう。とくに「ラブる。」がすごい。脳内覗きたい。

「天下のぺぺローション」にぐぐった。なんか知っちゃいけなかった情報な気がする。
                         2010/3/25

《こんなふうにおススメ》
空想が遊ぶ、そんな言葉がしっくりくる。


posted by zakuro at 17:21| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。