2010年03月28日

YES IT’S ME

【YES IT’S ME】 全01巻  /ヤマシタ トモコ

短編集。
・「目蓋の裏にて恋は踊りき」
美大生の沼上は同級生の馬原(まはら)が好き目線ダダ漏れで自分を意識していると思い、イライラ。好きって言ってきたらこっぴどく振ってやるのに。

・「彼女は行方不明」
古林(こばやし)に行方不明になった女生徒を探しに行こうと誘われた八名木。古林を喜ばせたくて同意したが彼女なんてどうでもいい。

・「minun musiikki」
オケのピアノの布木はチェロの清重に振り回される。

・表題作。「YES IT’S YOU」「YES THAT’S IT」
自分大好き人間の東間。通称トーマス。幼稚園からべったり腐れ縁の江城良和(えのき)、通称キノコのベンチャー会社の副社長。自分だけ見ていれば幸せなトーマスだったが、キノコに告られて。

・「Loathe!」
好きだから嫌い、好きだから苛めたい。
・「夢は夜ひらく」
ゲイの美容部員の刀根は、女の子になりたかった。男扱いされてきた三崎と感じる、世の偏見に少しずつ傷が積もる。

ヤマシタさんはドSだと思う。好きな子を傷つけたい気持ちがこんなに初々しいなんて。
正面攻撃でういういしてても、これって出てこないもんなんだな。目ウロコ。
しかも、手前で終わらせず、一歩踏み出すところも好き。
それらが砥石となって純度が高まるところが。表現方法は無限だ。
これはギリで青春の恥ずかしさと繋がっているので失敗するとやばい。作中、え? と思うのもあるけど、高レベルゆえなので、それはそれで。この秀逸さは他のBLと同等で語るわけにはいかないと思う。

表題作、特に秀逸。唸るしかない。
二人の小学時代の習字に笑った。
                         2010/3/22

《こんなふうにおススメ》
感想がおこがましいほど、楽しい。


posted by zakuro at 14:33| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。