2010年04月15日

恋火

【恋火】 全01巻  /桜井 りょう

・表題作。
小さなレストランを経営している石井彰に拾われた役者の卵の菅原幸太郎は、ただ今居候中。常連客の光浦がちょっかいを出し。

・「情炎」「月虹」
失恋で傷心の光浦良司、幸太郎の兄の真太郎に出逢う。美容師の真太郎に一目惚れする。

・「僕が一番欲しかったもの」
自他共に自信家の戸田。不自由がない分、欲しいものを探している。同僚の三井英典と親しくなるうちに。

・「Child's Play!」
サラリーマンの薫に懐いている翔太。身体は大人だが、中味は子ども。虐めから退行してしまったのだ。

タイトルはすごいけど、そんなにおどろじゃない。
双子だから、攻受で二度美味しいわけか。ありがちだけど、うん、納得。
歯の浮くシチュエーションと台詞が得意な作家さん。
                         2010/4/10

《こんなふうにおススメ》
ツッコミ入れながら、気楽に楽しめる。


ラベル:桜井りょう
posted by zakuro at 18:39| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。