2010年05月07日

Blurry Moon

【Blurry Moon】 全01巻  /くおん 摩緒

銀座の高級ホストクラブ。ホストの雛木充(みつる)は駆け出しから一年でNo,2にまで上り詰める。
ところが後から入った塚山聡史がすぐにNo,1になり……。充は焦っていた。
元No,1の三浦啓吾と暮らしていた充は、その関係を問い詰められる。塚山は高校の時の先輩で、充は懐いていたのだが犯され捨てられ、それがトラウマになっていたのだ。

短編「恋の死角はシタゴコロ」
いつも振られては親友の一哉(かずや)に泣きつく女顔の弥人(ひろと)。

BLの中でも下半身モラルが低い表現が多いのは前作も一緒。

不安定な充の、心情とトラウマを表出させようとして失敗した感じ。こういうのは難しいよね、一歩はまると。
努力はわかるけど、何が言いたいのか感情移入できずに読者がおいてかれた感。もったいなし。

タイトルのブラーリームーンは、汚れた月の意味。
                         2010/5/05

《こんなふうにおススメ》
今後も読みたし。


ラベル:くおん摩緒
posted by zakuro at 22:45| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。