2010年05月18日

いちごが好きでもあかならとまれ。

【いちごが好きでもあかならとまれ。】 全01巻  /雁 須磨子

工藤千紘は隣人の幼馴染みだが、しょっちゅう泊まりに来て同じベッドで眠ることを周囲に指摘されて、枝光明美は悩んでいる高校二年生。それがきっかけになり意識するようになって。

そうか、この違和感は何かと思ったら。
親友=恋愛に発展するわけではない。なのに、その延長で感情が描かれていて、ちょっと気持ち悪いのだ。
親友が揺るがない関係もある。いとも簡単に恋になる関係もある。そこが人の不可思議なところで、一緒くたではないのだ。

ところで「エロマンガ」という島はわからなかったけど、オーストラリアに同名の地は見つけた。
アポリジニの言葉なのかな?
                         2010/5/14

《こんな人におススメ》
日々のたゆたゆした話が好きな方へ。
私の読んだのは、下記新装版でないので、内容は違うかもしれません。



ラベル:雁須磨子
posted by zakuro at 22:41| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。