2010年05月24日

こんな男に誰がした

【こんな男に誰がした】 全01巻  /鹿乃 しうこ

短編集。
・表題作。
大庭心平、26歳、小学校教諭。家庭訪問に行った田口マサルの家で、男女がまぐわっていた。マサル曰くその男は借金取りだと言う。
心平はその顔に記憶があり。蛍原元(はじめ)は心平の高校時代のクラスメイトでお互い初めての相手だった。

・「37°C」
薬の訪問販売にきた相良由輝に、風邪をひいて休んでいた医師の中間要士は、看病と引き替えに薬を買うと誘う。

・「散財エクスタシー」
真面目だけが取り柄の河井学。リストラされて家財一切を売り文無しになる。
パチンコ屋で知り合った大学生の相生慶太に世話になる。慶太の仕事は…。

・「クロイトビラ」
数学教諭の澤田康平に拉致された一年の真崎将馬。

「37°C」はいろんな伏線があったのに、何も考えずに読んでいたら展開にびっくり。
おまけ漫画に爆笑した。
                         2010/5/22

《こんなふうにおススメ》
読み応えあって面白いです。


ラベル:鹿乃しうこ
posted by zakuro at 15:53| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。