2010年06月10日

恋と罠

【恋と罠】 全01巻  /山本 小鉄子

・表題作。「恋と蜜」「恋とムチ」
マキと呼ばれているいじめられっ子だった持田真紀(まさき)は、自分を守ってくれる代わりに身体を差し出す。里山との関係に頭痛がする毎日。
喧嘩が原因でクラスの連中から遠巻きに眺められている相原龍二と話すようになって、マキは自分の気持ちに気づく。

・「LOVE BLOOD」
家出した沢口未来。思いつくまま知らない町に着く。知り合った藤堂学の家には男の夫婦がいて、父母だという。繋がる意味と「愛の血」を教わる未来。

・「花咲けるボクたち」
村上大志(たかし)18歳。失恋して落ち込んでいたところに通りすがりで慰めてくれた花屋の桜井良に一目惚れ。ストーキング気味に覗いていたところ、店長の藤森春彦に見咎められ、成り行きから花屋で働くことになる。
続編は「満開ダーリン」に一冊に。

・「相原家に行こう」
怖くて苦手な相原家に呼ばれた真紀。

表題作の終わり方……寸止め? って感じの中途半端さ。ええー? このまま? 楓の意味は?
それ以外は楽しい一冊。
うーむ、消化不良。別の本にあるのかな?
                         2010/6/06

《こんなふうにおススメ》
晴れてボクたちは」と同時刊行なので併せて。


ラベル:山本小鉄子
posted by zakuro at 17:38| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。