2010年06月12日

あしたのきみはここにいない

【あしたのきみはここにいない】 全01巻  /山本 小鉄子(原作/崎谷はるひ)

日本史の赤点を取って北原史誓(ふみちか)の指導を受けてから、三尾朝陽は恋をする。告白して受け入れてもらえたわけでもないのに、週に一二度、社会科準備室で気持ちのいいことだけする1時間。

高校の時にいたなー。卒業生と結婚する先生。
「いっそ、忘れられるくらいなら」そう思ったのかも。
卒業後に新しい世界が広がっている生徒に嫉妬していたのかもしれない。なんだか大人になった自分を感じた。

予想は、しばらく離れてから、成長しきったうれうれの朝陽が攻として登場するのかと思ったけど、いいふうに裏切られた。
それを差し引いても話の展開は意外、えっ? そっちだったの? みたいな。だけど楽しめる。

それにしても、姉、優秀すぎる。BLが好きなタイプってこういう女性なんだろうな。
因みにこの夕奈は「あの日のきみを抱きしめたなら」にも登場。漢前すぎる。
                         2010/6/08

《こんなふうにおススメ》
「あの日のきみを抱きしめたなら」を先に読んでいたので楽しかった。

          ↓ 原作はこちら

posted by zakuro at 22:25| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。