2010年06月14日

あの日のきみを抱きしめたなら (完) 全02巻

【あの日のきみを抱きしめたなら】 (完) 全02巻  /山本 小鉄子(原作/崎谷はるひ)

26歳雑誌編集者の六浦健吾は、2歳年上の幼馴染み沢木秀利を10年前に無意識に振ってしまったことを今は後悔している。
将来を考え、しっかりと人生設計を考えている秀利なのに、選ぶ男はどうしようもなくて。殴られる男ばかり選ぶのは一種の自傷行為なのだと健吾は感じていた。その相手との喧嘩の場面に出くわしてしまい。

こういう作品読んだ時には、「小説も手を出したいよなー」と思ってしまう。
今は時間的に漫画で精一杯だし、できれば書籍は一般本がどんどん積み上がっていく。そこまでの余裕がないのが現状なんだよな。

面白い。じっくり心に触れているのは大好きなので、とても楽しかった。
私からも。三尾夕奈さん、頑張って。「あしたのきみはここにいない」ともリンク。
                         2010/5/30

《こんなふうにおススメ》
シリアスが好きな方にも。


posted by zakuro at 23:27| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。