2010年06月19日

ドント・クライ・ベイビィ

【ドント・クライ・ベイビィ】 全01巻  /木下 けい子


動物病院の医師藤堂雄介のところに通い出した、製薬会社の新しいMR室井智。
ところが室井はまるで手負いの獣のような男で。自ら傷つきながら生きる室井を藤堂は放っておけない。

絵の構図、巧いなぁ。
このふたりの続きは読みたい。どういうふうになっていくんだろう。

草野球で飲み物の入ったバケツの音、リアルだったなー。
氷が水に対してどのくらいまで入って溶け出しているか想像できた。

なんか動物モノ読みたくなってきた。
                         2010/6/18

《こんなふうにおススメ》
続編、いたく希望。


ラベル:木下けい子
posted by zakuro at 11:13| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。